土地の相場と事情 | 土地の選び方
土地の相場と事情 | 土地の選び方  北都物産株式会社 
安心できる不動産取引をサポート!!
ホーム
会社案内
お問い合わせ
リンク
土地の相場と事情 | 土地の選び方

土地の相場と事情



土地の相場と事情
土地には、その地方又は地域によって相場があります。その時代の地域性や流通性又は、不動産利用の変化による相場もあります。相場があるということは、高値の土地もあれば安価の土地もあるということです。いずれも土地の相場には、地域性や市場性が大きく影響しています。また、土地取引にはそれぞれの事情があります。例えばどうしても角地がほしい。数少ないマンションに適した広い土地をどうしても買いたい。あるいは借金返済のために、どうしても土地を早く売りたい。それぞれの事情が不動産取引には意外とあります。現実の不動産取引が、相場に近い価格で取引されているかといえば、必ずしもそうではありません。売主がどうしても早く売りたい、逆に買主が急いで買いたいというようなときには、いわゆる売り急ぎ価格又は買い急ぎ価格による取引がなされることもあります。土地の特性や取引する人のそれぞれの事情から実際の取引では、土地の相場価格より高い場合も安い場合もあります。売主の大半は個人の売主です。不動産会社の査定価格が適性であっても価格の決定権は売主にあるので、個人の売主は相場を無視した価格設定をすることもあります。希望物件が見つかった場合、 まず当該地域の相場を調べることです。それから希望物件だけで判断するのではなく他の物件と比較してみたり、あるいは周りの環境・地域性・利便性など調査して見ることをお勧めいたします。実際、土地を探している方は、利便性や環境又は地域性など土地の条件が良いところは、土地の価格が高いと感じているのではないでしょうか。これもひとつの相場かもしれません。その地域の土地の相場が必ず土地の価格になるとは限りません。売り手と買い手の事情から土地の価格が設定される場合もあることから、土地の相場は客観的な目安として感じて戴きたいものです。


留萌の地価公示価格 土地の価格は適性か 条件による価格の違い